∩蠎蠅力辰鯆阿

聞く=hear…耳で音や声を感じ取る
聴く=listen…耳を傾け、聞き取る


部下が、上司に思うことは、「どうせ俺の話は聞いてくれない」
と思っています。
話を聴いてあげることが、大事なのです。

部下の話を聴いていますか?

最後まで聴いていない事が多いです。



ranking  クリック、よろしくお願いします!!
部下が話し始めて聴いているうちに、
部下の意見は間違っている、考え方に無理がある、自分では考えられない
ようなことを言う、回りくどい、説明が長い、レベルが低すぎる…等、

こんなときに、話を否定したり、上司として忠告まがいの発言をして
しまう。
部下もナルホドという感じでうなづいたりしたら、素直だなぁなんて
思い込み、「いい部下だ、育てがいがある」とすっかり自分の言うことを
良く聞くと信じてしまう。

これこそ、大きなミスで、部下はやはり「話を聴いてくれない。自分が
どう感じているかとか、どう思っているか、何に悩んでいるかなんて、
興味がないんだ。アドバイスかもしれないが、うまくいかないから
話をしているのに!!   返事だけしておこう」、無理と思う。

最後まで、話が切れるまで、我慢して聴いてみることです。

では、本題の聴くことのノンバーバルについて、説明します。


  1. 会議室等の静かなところを選びましょう

  2. リラックス出来るように、ドリンク(自販機で可)を用意

  3. 座るときは、正面でなく、横に座る

  4. 椅子の深く座らず、少し前かがみ

  5. いきなり本題に入らず、天気、身近にあったことから話す


そして、聴くためのポイントは
 
気持ちを聴き取ることです。

詳細

      
  • 話すことから全体の内容を聴き入る

  • 話すことから、気持ちを感じ取る

  • 話すことを無条件で受け入れる

  • はなすことをイメージし、感じてみる

  • 自分を失くし、部下になりきり考える



部下の話を聴くときは、自分の価値観を捨て、相手を理解するように
努めることです。

最後まで有難うございました。

次回は、「聴いているよ」の第2弾を書いてみます。

「心の時代は来る」
 コミニュケーションを大切に!