「苦しいとき、辛いときこそ、笑えるようになれ!!」

社会人になって、仕事に慣れてきたとき、
尊敬する上司から言われた言葉。

『限界でこそ笑ってみせる』

加藤博義氏



テストドライバー
加藤博義氏

これこそ、最高の強さの証明


ranking 
参加しています。ぜひ、応援のクリックをお願いします。
― 私が
  レストラン、接客を担当していた時 ―

日曜は、開店から閉店の30分前までウエイティング。
ピークはウエイティシートに約30組と超繁盛店

店長に、閉店後、何度か叱られる。

「笑えるようになれ!!」

「自分に勝て!!」

●お前を見たら、お客様は食事がまずくなる。

●お前を見た準社員が、動揺する。ミスも犯すぞ。


今、またその経験が蘇る。

こんな大事なことを忘れていた。。。


『限界でこそ笑ってみせる』

 テストドライバー 加藤博義の言葉

 プロフェッショナル 仕事の流儀から


最近になって、本当に厳しい状況の中で、
『笑う』ということが、
リーダーにとって、大きなことと思えるようになった。

現代の名工でもある
   加藤さんは言う。

極限の中での余裕
 追い込まれたときに、それが顔に出たら
本当に追い込まれる。
余裕を持つことで、萎縮することなく、本来の力が発揮できる。



よし、今からやろう!


◆公言実行

「何時までにやる」

すなわち
 ★自分を追い込む

 ★やらないわけにはいかない

 ★逃げない



「己に勝つ」


「心の時代は来る」
 自分を鍛えよう!!