先日、伊藤洋一さんの講演を聞いてきました。
伊藤洋一氏







住信基礎研究所の主席研究員で、昨年はEZTVの
コメンテーターでしたね。

テーマは「日本力」


日本力








なんか、元気が出てくるようなテーマ
出版している本のサブタイトルは
「アジアを引っぱる経済・欧米が憧れる文化」です。


ranking   参加しています。ぜひ、応援のクリックをお願いします。

期待して聞いてきました。
事前に本を読んでいなかったこともあり、
ホントに日本にはアジアを引っ張れる力があるの?
でも、きっとヒントはあるんだろうなぁとおもいつつ
聞いていました。

日本の人口は減少にはいり、
経済成長力はまた弱くなるんではないか。

様々な問題
◆高齢化
◆2007年問題
◆労働人口の減少
◆子どもの減少
◆ニート
◆財政赤字
◆年金問題
◆医療費増加
        など等

人口の減少、初めての経験、
将来が不安!


人口が減少するのは、
なんと今までにもあったことなんでね。


知らないのは、私を含め少数?

私が義務教育で習っていたけど、忘れただけかなぁ・・・。


江戸時代の中期に低迷期があったとは。

ものを売りたくても、売る人がいない時代。
商人はどのようにしたのか。



御用聞き、そして配達

店の営業だけでなく、自らが売りに行ったんですね。

御用を聞き、新しいニーズを聞き出し、
新しい商売が生まれる。

新しい市場が形成され、金の流れが生まれ、
また、新しい商売が生まれる。

『自信を持ってください。
 ただ、楽観過ぎても困りますが。』

お話を聞いて、安心しました。
やりたいこと、やるべきことをやれば、
きっと楽しい暮らしができるんだなぁと
満足しました。



「心の時代は来る]

職場が病み、家庭が病み、学校が病み、
世の中全体が、
『心』と『安』を求めている。

『おもい』と『安らか』

日本人のおもてなしの心が、
人を思いやる心があれば、
また、たくさんのビジネスが
生まれるでしょう。

そのビジネスを自分が作りたい。
創るべきだと思う!

多くの方のブログを見て、
勇気をもらい、さらにその気持ちが
強くなりました。
ありがとうございます。


すいません、人材育成の最終章は
来週に書きますので、お許し下さい。

『心の時代は来る』
 今日も、激しく、且つ穏やかで
 ありますように!


ranking   最後までありがとうございます。
参加しています。ぜひ、応援のクリックをお願いします。