「忙しい」
「時間が無い」
「早く帰りたい」

サラリーマンをしていると、毎日がこんなことが頭を
いつも駆け巡る。

「楽しい」
「時間を忘れていた」
「仕事を続けたい」 こんなことを言えたら、
どんなにバラ色かなぁ。

ranking   参加しています。ぜひ、応援のクリックをお願いします。

 
「最近、どう?」

「急がしいよ!」

「大変だなぁ」
  ⇒お〜と、今日も会社の仲間に忙しいと言ってしまった。

あんまり、忙しいという言葉を使うのを止めないといけないなぁ。

なんで?_??



「忙しい」とは



『心を亡くす』と書くんですね。


「わたしは、心を亡くしています。」と言っていることになる。


「最近、どう?」
「心を亡くしているよ。」

どんなリアクションがあるのか。
  ⇒お〜と、バカなことを言ってしまった。
 でも、冗談で試してみよ〜う。


仕事をやるというのは、
やっぱり心の問題が大きいのかな。
やる気がないと、結果には結びつかないですからね。
●目標、目的が無い
●体調がよろしく無い。

心と体は一体でし、それが行動に出ます。
そんなときは、睡眠をたっぷり取らないといけないんですね。

心を亡くしているといい仕事は出来ません。
忙しいと思うとき、心を亡くしていると感じたら、休みましょう。
心があると感じたら、まだまだ仕事の成果は上がる。

心があるか無いかがいい仕事の判断かもしれません?

「心の時代は来る」
 忙しさのあまり、心を亡くさないように注意しましょう!

今日は、何を書いているか、わからなくなりました。
お許しください。

ranking
許してくださる方は、クリックをお願いします。