マーケティング・・・コトラーを基本に考えなくてはいけない。

『マーケティングとは価値を創造し、提供し、他の人々と交換する
ことを通じて個人やグループが必要としと欲求するものを
獲得する社会的、経営的過程である。』

難しいので、簡単に!
○クライアントが必要としているものやサービスを得られるように
する為の活動


ranking   ←参加しています。ぜひ、応援のクリックをお願いします。
営業成績を上げたいというクライアントへのコーチング
テーマ:「部内でNO.1の営業成績をとりたい」

これは難しいテーマです。大変だぁ思った時点で、マイナスの
オーラーがでてしまいますので、そこは注意しなければなりま
せん。


コーチの視点からマーケティングを考えなくてはいけない点は
2つ。
.ライアントが望んでいること
△客様が望んでいること

,鉢△領省ともに言えること。
顧客ニーズが何かをはっきりさせよう!
競合よりもよりすぐれているものを提供しよう!
うれしい、買ってよかったと思えるような満足の最大化の
為に努力しよう!
ニーズ⇒ウォンツ⇒ディマンズに変えられるような製品を作ろう。



,砲弔い匿┐譴討います。
上記で言うことは正しいのですが、クライアントがNO.1に
なりたいという気持ちが単なるニーズなのかを知る必要が
あります。

それには、
■クライアントさんが何処に価値をおいているか。
■何に喜びを感じるのか。
■理想としているものは何か。

質問をすることにより、本人の求めているものかを確認し、
それが本当に望むものかをはっきりさせていきます。

特定の対象への欲望に変化した状態⇒ウォンツ
欲しいと意思を持った状態⇒ディマンズ


クライアントに、よいコーチングをすることはまず本人を知ること
と言えますが、それはマーケティングに似ています。

クライアントのニーズを知り、ディマンズが何かを確認し、中心に
そえる。

今日はここまでにしますが、
コーチングのコーチをするには、マーケティングを知ることが
必要であり、クライアントのニーズを知るためには心理学が
必要になるのではないでしょうか。

ご意見がある方は、コメントを頂ければ幸いです。

ranking
↑最後までおつき合い頂き、ありがとうございます。クリックをお願いします。