ご覧頂き、ありがとうございます。

カナダの心理学者、ダットンとアロンによって1974年に発表された
「生理・認知説の吊り橋実験」によって実証されたとする学説。

生理・認知説は人は生理的に興奮している事で、自分が恋愛していると
いう事を認識するというもの。実験のみで厳密に立証されて
いる訳ではないが概ね正しいとされている。

実験
18〜35才までの独身男性
2つを用意。
○渓谷に架かる揺れる吊り橋
○渓谷に架かる揺れない吊り橋

ranking   ←人気ランキング、応援お願いします。
橋を渡ってもらい、中央で同じ若い女性が突然アンケートを求める。
「結果などに関心があるなら後日電話を下さい」と電話番号を教える。
さあ、どちらが電話をしてくるか?


答え
●揺れない吊り橋を渡った男性からわずか一割くらいの電話
●揺れる吊り橋を渡った男性はほとんど電話。


揺れる橋で、ドキドキするような緊張感を
互いが共有すると好意が生まれる。

□不安という感情が、ドキドキという体の変化をおこしている。
□二人が同じ感情を持つということ。
□好意という感情が、ドキドキという体の変化をおこす。

■ドキドキとか、気持ちの高揚するときは、好意の感情と同じ
 と錯覚するのかもしれません。


◆すごくうれしかった時(試験合格、スポーツの勝利等)
◆ドキドキするような時(感動ものの映画、ゲームで楽しむ等)

こんな時、大きく心が動くのでしょうか。

ビジネスの世界でも、同じようなことが言えるのかもしれません。
例えば、
 ☆私たちが成功されている方の公演を聞くと、心が動き、
  何かを始めたくなる。
 ☆将来の夢を語って下さいとコーチングでセッションをする
  とき、コーチである自分も何かを始めたくなる。

★その場の一体感・共感が、互いに好意を寄せることで、
 エネルギーを作るのかもしれません。

シチュエーションというものも、時として大事なことですね。

ranking
↑最後までおつき合い頂き、ありがとうございます。今日の人気ランキングは?