今日もご覧いただき、ありがとうございます。


来年早々、東京都が銀座で実証実験を行う。

 東京ユビキタス計画・銀座

銀座4丁目を中心に、町の情報を自由に取り出せ、買物が出来るように
なる。
ユビキタス








楽しみな試みです。
先日、東京国際フォーラムで行われたTRONSHOW2007で、
簡単なデモをしていました。

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。

コミュニケータという情報端末をもって、
電信柱や電灯に設置された無線LANアクセスポイントにいくと、
欲しい情報が取れるようになる。


銀座だから、観光、店の情報等がメインになると思いますが、
これは便利なもんです。
特定のものを選択するのに最適!!
 
◆食べるものだって、買いたいものだって、情報を
 取り出せるようになる。
◆外国の方も通訳代わりになるから、今自分が何処にいて、
 したいことを母国後で表示してくれたる。
◆障害をお持ちの方も、ナビ代わりに使える。
◆事前に、調べないでその場所でしたいこと、行きたいところが
 簡単に情報として取り出せる。

今月は、実験中で来年1月から一般の方も体験出来るようになる。


これがいつ廉価版として普及するかわかりませんが、
いろいろなことが出来るようになるんでしょうね。
●町の商店街についたら・・・バーゲンセール、お店の宣伝
●公園についたら・・・ナビ、動植物の紹介
●大学についたら・・・休講・ゼミ・クラブ活動のお知らせ
●交通機関についたら・・・・観光地、交通情報の説明
●展示場についたら・・・・ナビ、来場者の情報収集

考えたら、もっともっと出て来そうです。


2007年1月
 銀座に行ってみて、体感してきてみます。

いまから、楽しみです!

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。