自分の生き方を探求する!

どのような価値観をもち、どのように生きていくか。

自分が何をしたいのかわからないとき、子供の頃になりたかった
夢を思いだすといいです。
自分が何に心をうたれるかを書いてみるのもいいかもしれません。
短い間でも、コーチと一緒に寄り添ってもらってはどうでしょうか!
答えが、早く見つかるかもしれません。相談にのります! 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日もご覧いただき、ありがとうございます。

1歩でも2歩でも前進すること。

週末起業でも、本業でも、私にとっての今年のモットー!

目標をたてて実現する人と実現できない人の差にはいったい何が
あるのだろうか。

おそらく、それは

あきらめずに、チャレンジする意欲が継続するかであろう。

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。
例えば、
ベンチャーが集まる展示会で
自社の新商品の紹介し、代理店の獲得する。

Y商品をA社・B社・C社・D社の3社が出展。
Y商品はまったく同じ商品。
Sさんが、Y商品に興味をもち、説明を聞く。

A社・・・パンフレットを渡す
B社・・・名刺をSさんからもらう
C社・・・Sさんにメールで連絡する
D社・・・Sさんに、○○日に伺いたいと聞いてみる。


D社は目的をちゃんと理解していて、目標を達成するために
「獲得」のための行動が継続しているということである。


目的を理解し目標を達成している人は、目標を見失わずに、
最後まであきらめず、達成すると信じきる人であろう。


これを感じたのがまさしく11月のある展示会である。
名刺を渡すことにあえてしないでいると、
パンフレットをくれるところもあれば、名刺を求めてくる
ところもある。メールで製品を説明してくるものもあれば、
コンタクトをとりたいという企業もある。

こうなれば、熱意が伝わる企業と話したいと思うのは当然の
ことである。


A社とかを見ると、この企業の目的は何で、目標は何で
あるのかがわからない。こういう企業と付き合っても、
売りっぱなしで、運営方法、サポート体制等、問題が
起こると予測できてしまう。

D社であっても、代理店獲得だけを目標としている企業で
あるかも知れない。継続的に付き合える企業がどうかは
わからないが。


少なくとも言えることは、目的と目標を見失わず、
失敗を栄養と考え、一歩でも二歩でも前進し続ける人が成功を
実現できるひとなのである。

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。