今日もご覧いただき、ありがとうございます。

時間の作り方

週末起業家にとって、本当にやりたいことをやる為の時間を
捻出することは、難しい。
会社員としての時間と家庭の時間以外で時間を作らなくては
いけないので時間にはシビアになります。
あるセミナーに参加したときに、受講者からの質問を思い
出します。

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。
「すいません、忙しくて時間が無いのですが、どうしたら
いいですか?」

「時間は平等です。時間を自分で作るものです。経営者の方は、
秘書にスケジュール化され、自分で時間すら作れないです。
あなた方は、自分の時間が作れるのだから、幸せです。」


この話を聴いたとき、
「そんな気持ちで、週末起業なんか出来る訳ない!
 がっかりする。
 やめたほうがいいよ〜。」と言われているような気がした。

人が誰でも平等に与えられているのは、
「時間」ですから、
差別化するのもこれしかないかもしれません。


私の場合は、気をつけているのが帰宅時間を決めています。
勿論、100%がそのとおりになるわけではないのですが、
サラリーマンの時間をきっちりと区切るようにしています。
会社に属している以上、急な残業や上司から課題等が入ったら
別ですが、自分で自分の時間を決めるようにしています。

日本人というヤツは、周りを気にしすぎて自ら行動を
起こすことを躊躇するようなところがありますね。
つきあい残業は、やらないに超したことないです。

意識して始めた時は、後ろめたい気持ちがイッパイでしたが、
慣れてくるとド〜ということないです。

時間は作り出すものですね。

作り出した時間だからこそ、大事にしたいと思いますし、

集中した時間を過ごしたいと思うようになります。


でも、ひとつだけ自分でコントロールできない時間があります。

それは家庭の時間です。
家内に子供

生活の基盤ですからね。

これは、一番大事です。

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。