今日もご覧いただき、ありがとうございます。

業績が上がらない、売上が上がらない。

部下が思うように働かないと感じてしまう。
給与、待遇、職場の環境、人事制度、研修制度等を整えて
いるのだが、どうも思うように成績が上がらない。
どうしたら、成果をもっとあげることが出来るんだぁ〜。
◇ 職場を活性化したい。
◇ 部下にはもっと主体的になってもらいたい。
◇ 同僚と真剣に意見をかわせる環境を作りたい。

・・・と考えて
メンバーを集め、ミーティングの場を設定。
叱咤激励!

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。
でも

□ 伝わらない
□ わかってくれない
□ 口を閉ざす

変化させたいと思っても、平行線または逆効果になってしまう。


そう感じて、ストレスを感じてさらに悩んでしまう。
さらに業績が悪化!!



そのコツをお教えします。


部下に聞く!
業績、売上を上げる方法は?
「わたしは何を知りません。聴かせてください。」

つまり、



◆ 知らない姿勢をとることです

子供の頃、母親から
「勉強しなさい!」、「きれいにしなさい!」、「静かにしなさい!」と
よく言われましたが、言われた時しかしませんでした。
大人になってもそれは同じです。人は指図されるのは、
あまりしたく無い。
利害関係でしか、つながりがないのに、自分の得がなければ
動くことは無い。いや、動く理由がない。

要するに
相手、
部下にいい気持ちにさせなければいけない。
「承認」という行為である。

認められると、人はいい気持ちになる。
人の話をいったん聴いてみるようにするには、
自分を気持ちや感じていることに意識するのではなく、意識を
相手に向けることである。

すこし訓練がいると思うが、
自分というものさしを基準として考えないようにする。口では
言っているが、人は皆違うのだと心に思うことが大事になります。

相手の考えを受け入れるようにすることが必要です。

「自分は知らない」という姿勢をとることです。

「自分は知らない」から、どんどん話して!
「教えて!」という姿勢

あなた(部下)が知っていること
あなた(部下)が思っていること

聴き取るようにする姿勢

経営、マネジメントには、指示命令は必要。
でも、
あなた(部下)の考え方を中心にする意識も
時には必要です。

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。