今日もご覧いただき、ありがとうございます。

ダラダラとした会議、そんな会議に出ていると時間の無駄を
感じるものである。

リーダーは、会議の時間を有効に使い、必ず当日の決定事項と
次回の課題の確認までしなければいけない。

ではどうするか。
それには、事前準備、会議運営、コミットメントの3つのポイントを
おさえる必要がある。

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。
事前準備:
 〜芦鵑硫歛蠅凌閉修粒稜Г畔鷙雹項の取りまとめ
 ∋臆端圓粒稜А当日の資料有無の確認
 E日の進め方の確認

会議運営
 …蟾錣任呂犬瓠定刻で終わらせる
 ▲織ぅ爛ーパーをおく
 L榲とゴールの確認をする
 てさ墜睛討鬟船Д奪、ずれた場合は軌道修正
 セ臆端圓了臆莪媼韻魍稜Г垢

コミットメント
 ‘睛討鰺很
 決定事項の確認
 次回までの課題の確認

そして、もう一つ重要なことがあります。
それは会議の時間です。

会議は皆さん1時間にされていると思います。

でも外部の方なら時間前に来られますが、社内ですと数分遅れて
実際は5分過ぎから会議だったりします。

例)
討議時間  45分
シェアー(決定事項と課題) 5分

スタート  1:05(会場 1:00)
閉会   1:55


◆中途半端な時間からだなぁ〜と感じますが、5分から
スタートだという意識が出来ます
◆45分しかないんだと思い、集中します
◆コミットメントの時間を意識させると責任感もうまれます


会議もリーダーで決まります。
時間と質を同時高めることで、生産性は飛躍します。

気持ちの入った会議をやりましょう!!

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。