いつもご覧頂きありがとうございます。

「目標にしたいと思える上司、先輩営業マンはいますか?」

回答
 1.いる・・・・・・・・34.4%
2.いない・・・・・・・46.0%
3.どちらでもない・・・19.6%

 引用:プレジデント2007.7.30号
    "売れる理由、売れない理由"より


目標となる人が会社の中にいないという人が
なんと46%、どちらでもないを入れると65%をいます。

過半数以上の人が、そう感じているのです。

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。
経験を積んでいる社会の先輩社員が・・・

若い社員のお手本になっていないと思われているのです。

ヤバイですよね。
何がヤバイかというと、
このことを知らない先輩社員の方々も多いということ。



「子いわく、その身正しければ、令せずしておこなわれ、
   その身正しからざれば、令すといえども従わず。」


上に立つ人が正しい行いをしていれば、命令しなくても
部下は正しい行いをする。
しかし、正しい行いをしていなければ、命令しても
部下を従わない。


上をみて仕事をしたり、私利私欲の為に仕事をしていてはね?!

「お客様の為に!!」
 これはうそ。上司の為にでしょ!
でも、これもうそ。
 自分の為にでしょ!  ⇒これが正解かな?!

政治も会社も学校も・・・ミスに対して、謝ることを
なくなり、上の人が正しい行いをしていない風潮がまかり通り
ますよね。


松下さんの言葉を思い出します。
「自分の身をきれいに出来ない者が、なぜ社会をきれいに
 できるのか。」


「自分は正しい行いをしたのか?」
その問いに向き合い、常に考え行動することが必要ですね。


明日の為に、
 正しい行いをしているか考え、行動しましょう!


ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。