いつもご覧頂きありがとうございます。

「3つの答えを考えよう。」とはどのような事か。

私達は物事を良い方向に進めたいとき、ついつい1つの回答だけを
用意してしまいます。
これは決して間違えではないのですが、大きな落とし穴が
あります。

人は、自分の思考の枠の中で物事を考えるように出来ています。
常識という言葉が存在しますが、よく考えると自分の常識が
他人の非常識であったという事を感じたことはありませんか。

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。
育った環境、習慣、スキル、年齢、性別、性格、趣味嗜好、他で
考え方は千差万別です。
つまり、問題・課題に直面した場合、自分の思考のスタイルで
解決方法を見つけ出してしまうのです。

例えば
「大阪から、東京駅に一番早い方法は何ですか?」


「大阪から新大阪に電車を乗り継ぎ、新幹線に乗る」

これが普通です。

他の人が考えるとしたら、こんなケースもあるでしょう。
「大阪から伊丹に車で行き、飛行機で羽田に、そして電車で行く」

全く違う視点で考えると



「ヘリコプターをチャーターして異動する」


はかなりあり得ない話かも知れませんが、時間を大切にして
いる人であれば、費用対効果で検討される方もいるはずです。

自分の思考、つまり自分の範囲でみるのではなく、
多面的に物事を考える必要があります。

「正面でなく、横や斜めから、いろいろ
多面的に物事を見るように」と言われた事もあると思います。

多面的だけでなく、
全く違う次元で物事の解決方法と考えることはお勧めです。

これこそが創造への一歩です。

課題があるとき、3つの答えを考えてみて下さい。

自分が考える答えだけでなく、
もし他の人だったら・・・
枠を超えて考えたら・・・


"#FF0000"明日の為に、3つの答えを考えましょう!!


ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。