いつもご覧頂きありがとうございます。

「百遍倒れたら百遍立ち上がれ。万策尽きたと言うな。
 策は必ずある。」  松下幸之助氏

数字を上げなければならないとき、
あらゆる場面で、私達は意識してかんがえているのだろうか。

「頭がちぎれるほど考えた。」  大学時代の孫正義氏


ちぎれる位まで・・・

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。
行き詰まった時、こう考えると、
自分が全然努力していない、
自分が生ぬるい、
そう気づかされる。

自分はこんなに考えているのに、
◆アイディアが浮かばない
◆打開策が浮かばない
◆〇〇しても無理

私は行き詰まりを感じたとき、次のような方法で切り抜けるようにしています。

「もし、松下幸之助氏だったら、孫正義だったら、どう考えるだろう。」
「彼らが目の前に居たとしたら、何て言うんだろう。」

『万策つきるまで考えていないだろう!』
『頭がちぎれるまで考えていないだろう!』

今の状況や環境で物事を考えていると、答えは浮かびにくいが、より大きな枠で考えると今の悩み、課題が小さく見えてきます。
自分の今の枠から、大きな枠で、大きく考えるとまったく違う方法ややり方が見えてくるものです。

行き詰まった時、
尊敬する人、モデルにしている人から、質問や指摘をされているようにイメージし、実践してみると解決することがあります。


では次に
もし、部下が行き詰まった時はどうでしょう。

「〇〇さん、選択肢を出し尽くし、何も出来ない状況なんですね。」
「万策つきるまで考えたんですね。〇〇さんにとって、今回の課題は
今までの仕事の中で最大の課題と感じているんですね。」

「いえ、そんなことありません」

「そうですか。それはよかった。きっと克服できますね。」

「もう一度、厳しい状況を忘れて、ゼロから考えてみましょう!
〇〇さんなら、かならず可能性をみつけられるよ!」

無理だ、出来ないと思うことはあります。

でも、今のこの状況が生きてきた中で最高に厳しい試練なのかというとそうでは無いことがほとんどです。

今の悩みを小さく見せるようにするかが、課題解決のひとつの方法です。
試練は待っていなくても、いつだってくるんですよね。

「いつもためされている」と考えるといいのかもしれません。


さて、セミナーの案内です。

よろしければ、ご参加ください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
―コーチングシリーズ第5弾
      「妥協していて良いのでしょうか」―

「明日から始めよう!」
そして、
「あ〜、疲れた。今日は止めて明日からにしょう!」
そして、
「とりあえず、寝るか。あ〜、眠い。ここまでで、明日、明日!」
体調が悪いとき、気が乗らないとき、・・・
休むことで体調が整い、気分がスッキリします。
妥協することは、良いことなのです。
妥協することで、代わりに得られるものがあるから良いことなの
です。

でも、妥協ばかりしている自分、これは良いことなのでしょうか。

妥協しない方法は、
1.行った後の達成感のイメージを意識してから始める。
2.やった後に、ご褒美を用意しておく。
まだまだあります。

第4回はタイムマネジメントをテーマにしました。自分時間、
他人時間についてお話しました。
自分時間を増やし、やりたいことの時間をつくる。そうすれば、
目標に近づくこともお伝えしました。

セッションとコーチングのロールプレイを通して、妥協しない方法を
見つけましょう。
そして、参加された仲間の方法も自分に取り入れていきませんか。
自分にピッタリの方法を見つけていきましょう!!
◆今回は、友人のコーチ二人が参加してくれます。
お一人は、森田秀司コーチ:『一人一人の埋もれた資質や
 経験を引き出します』― キャリアスタイルコーチ
もう一人は熊佐陽子:『仕事・家庭、生きがいの
 バランスアップをサポート― Balanced Life Coaching
★前回はロールプレイを3回しましたが、今回は2回にして、
 コーチへの質問のコーナーを設けます。
聞きたいことがありましたら、どうぞ遠慮なく!

お申込は http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P99328739


※ 第5回 コーチングセミナー

日程:07年11月28日(水) 19:00―21:30
定員:20名
参加費:1,980円
会場:ミューザ川崎 研修室4
   http://www.kawasaki-sym-hall.jp/access/images/map.gif
JR川崎駅 下車徒歩3分、京急川崎駅下車徒歩8分。

ranking   ←人気ランキング、押していただきますと書く勇気が出ますのでよろしくお願いします。