変革


============================
【飲食店をみて】
店舗売上アップには工夫がいる。
店舗は店長で変わる!!
============================

「こんなメニュー考えたんですけど、売れそうですかね〜。」
「リピートを高めるために、割引券を配ろうと思っています。」

売上が悪くて、変えなくてはいけない。
来客数も客単価も前年割れ。

・フェアーメニュー
・割引券配布
商品から、売上を考えがちであるが、
それははなはだ疑問です。

:フェアーメニューを、
  どのようなお客様に召し上がってもらいたいですか?

答:既存のお客様に新しいメニューをあるとしてもらって
  次につなげたい。
問:割引券配布はどのように配るの?
答:ランチもディナーを、会計の時に渡します。



メニューの見せ方や配布の仕方で、売上も変わるが、
それ以上に基本が出来ていない状況では・・・。
+αのサービスをして売上は上がるのだろうか?

恐らくノーである。
そもそも、その店舗の行こうと思っている人が少ないのに、
いきなりウェアーメニューで勝負したり、
来店頻度を高める施策が受け入れられない。


基本に忠実になることが一番重要です。
◆従業員によって、サービスのバラツキが無いか。
◆常に笑顔で接客をしているか。
◆クレンリネスは行き届いているか。
◆お客様を中心にした行動が出来ているのか。
・・・・・・等々

お客さまからの信頼を築かないと、
何をやっても変えることが出来ない。

お店はイキモノ!
店長が先をみる前に、足元をみることをしなければダメ!
変革は、足元から!!