代々受け継がれている技術、
伝統を大切にしながらも新しいものを取り入れていく工夫、
その創意があってこそ、
お客様に感動を提供することが出来る。

伝統と創意、
私の大切な友人の会社の理念でもあります。
どんな気持ちで会社を創業に、
心のよりどころであるこの理念が出来上がったのだろうか。

友人は言います。
「最近、創意といいつつ、自分たちが努力しているのか気になる。」

創意なくして、明日は無い。

経営側も社員も、未来のために、守るだけでは解決はしない。