トップ、リーダーは同時に多くの悩みを抱えています。
そして、難しい悩みであればある程、相談できるでしょうか。

コーチングの考えの基本は「答えはすべて自分の中にある」
それこそが、課題、悩みの解決方法です。



トップ、リーダーは、社内、利害関係者に課題や悩みを相談できるかというと、それはNOだと思います。
経営、運営を一番考えている人間が、部下に相談出来るわけがありません。日本の民族性からみて、縦社会であり、本音と建前の中で生きている中、課題や悩みを相談しても、無難に答えることしかありません。
答えられない中、
「難しい課題です。』というのが一般的でしょう。
もし、回答と求められていると感じたら、
「僭越ながら、合っているかわかりませんが、解決方法は○○○○ではどうでしょうか。」

リーダーが「それはどうかな?!」と言おうものなら、
「仰る通りです。すいません。」と回答した理由、効果を告げることなく、取り下げるのがせきの山です。



自らが自分に問い、解決する力をつけられるといいですね。
セルフコーチングの先にある、セルフサポート。

セルフサポートが出来るリーダーに
なれるといいですね!