愛001
















なかなか結果が出ない社員に対して、あなたならどちらの言葉をかけますか?

入社して半年、営業成績が上がらない中途社員がいます。
社員の想いで、人を育てるのが上手だと自負している社長。
さて,鉢◆
どちらの言葉をかけるでしょう?

 屬發辰抜萃イ譴茵 応援してるよ。」

◆峇萃イ辰討襪福 応援してるよ。」


,慮斥佞鬚ける社長が多いのではないでしょか。

社長自身からみて、どうしてもその人が歯がゆく見えて、
つい“頑張れよ”と声をかける。
「もっと頑張れよ! 応援してるよ。」・・・社長
「やり方がまずいかもしれないな〜。〇〇のやり方が効果があるぞ。
やってみな! A社が契約取れるよう俺も応援するから。」と。・・・社長
『わかりました。やってみます。』・・・中途社員
「頑張れよ!」・・・社長

うれしそうな社長。
心は裏腹な中途社員


一番わかっているのはその人です。
「もっと頑張れよ!」と言うと、とても傷つきます。
”頑張っているよ。
そんなことを言うな。
自分が一番結果がほしいんだ”
と、心で叫んでいます。


人の気持ちのわからないで、
やってられない。
上司から怒られ、
社長からこんな声をかけられたら、もう地獄です。
自分を殺して、会社(社長)の思うように動くしか生きる道は無いと
感じます。
そして
こうなると、
言われたことだけしようとなるんです。


本当は、
「頑張ってるな!」と、伝えてあげることです。
勝手に上目線で、「もっと頑張れよ!」と声をかけてはいけない。
その人の気持ちに寄り添うことではないでしょうかね。 

社長だけはわかってくれている。
何とか工夫をしようと前向きになります。

活かすも殺すも社長次第ですね。
愛が無いと人は育たないですね。